トレーニングその後

12月8日に、書いた、ブリズナートレーニングが、約5か月目に突入しました。

インナーマッスルを鍛えるトレーニングから、開始した、このトレーニング

胸のトレーニングは、直立して、目の前の壁に、手をついて腕立て伏せを行うという、軽度中の軽度のトレーニングで、
「楽過ぎて、挫折しそうになった」
ものの、我慢して続け、5か月目に、ようやく、普通の腕立て伏せになりました。


ところが、想像以上に、衰えていた部位は、肩というか、逆立ちした時に、体を支える

「体幹」

でした。

壁倒立(壁に足をつけての逆立ち)

では、その状態をキープするのが、精一杯で、第三ステップから、苦戦する体たらくバッド(下向き矢印)

「52歳目前、体重82キロで、壁倒立が、出来るのは、いい方だ」

と言ってくれる人がいるものの、元レスラーとしては、情けない。
(リングから、離れて、約10年経っているとはいえ、マシントレーニングとは、勝手が、違う事を痛感)

毎月、少しずつ強度を上げながら、本日、逆立ち腕立て伏せを二回成功。
慢性的に痛みのあった、肩の痛みはありません。インナーマッスルから、鍛え直したのは、正解だったと思います。

とはいえ、段々回数を増やす事は、出来るでしょうが、最終ゴールの、

片腕での、逆立ち腕立て伏せには、挑まないつもりです。

これは、若い人の挑戦するトレーニングでしょうね。

積雪の為お休み

ミスターデンジャー本店、積雪の恐れがある為、スタッフとお客様の安全が確保出来ません。

本日は、お休みとさせて頂きます。

ライブ告知



2月7日水曜日

代々木で、ライブを行います。

詳細は、添付写真にて

ご興味ある方は、是非いらして下さい。

ライブ告知

続きを読む

ポーゴさんお別れ会での写真

ミスターポーゴさんのお別れ会での写真を入手しました。

写真1、大仁田さんと私が、ポーゴさんの遺影に手を合わせた時

写真2の青い光が!!

解釈は、皆さんの自由です。
プロフィール

松永光弘

Author:松永光弘
Mitsuhiro Matsunaga

学生時代より相撲、空手の修行に励み、1989年10月FMWにてプロレスデビュー。以降W★ING、大日本プロレス等の団体を渡り歩き、ファイヤー・デスマッチ、五寸釘デスマッチ、サソリサボテン・デスマッチ、裸足蛍光灯デスマッチ等の危険且つ過激な闘いに身を投じる。1997年4月東京都墨田区にステーキ店「Mr.デンジャー」を開店。自ら厨房に立ち、仕込みから調理まで腕を振るう日々を過ごしている。

リンク


「MUSIC」Tシャツ販売中 (立花本店でも販売しております)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
管理