本部からの幼稚解答

先日に書いた日記の件で、本社のお客様サービスセンターに、クレームを入れておいたので、本部から回答が来ました。

「主任に、聞いた所、タイヤの製造年月日と、タイヤ交換した時の日付を間違えたとの事です」

と言う話


私は、言いました。

「私は、クレーマーではない。既に交換してしまった、タイヤの返金を求めるつもりもないし、返金も断った。ただ、いかにも、こちらに非があるような態度だったので、はっきり白黒を着けに言っただけ。

本社の人間を呼ぶか、警察を呼ぶか、どちらかを選択しろ

と言ったら観念して、土下座もしたし、
本部からの売り上げノルマを達成出来ないと、店長がメタクソに怒られる

と言う話も聞いた。

そもそも、タイヤに刻印されている製造年月日と、スタンドのパソコンに入力されいる、タイヤ交換の日にちは、全くの別物で、主任ともあろう物が、間違える代物ではないし、本部の人間である、あなたが、そんな幼稚な回答を真に受けて、お客さんに報告する行動自体、バカバカし過ぎる」

と言ったら、完全降伏して、ひたすらの謝りになりました。


本当に、くだらないですね。



お客さんも、かつてと比べて、明らかに減っているように見えます。淘汰されるでしょうね。
スポンサーサイト
プロフィール

松永光弘

Author:松永光弘
Mitsuhiro Matsunaga

学生時代より相撲、空手の修行に励み、1989年10月FMWにてプロレスデビュー。以降W★ING、大日本プロレス等の団体を渡り歩き、ファイヤー・デスマッチ、五寸釘デスマッチ、サソリサボテン・デスマッチ、裸足蛍光灯デスマッチ等の危険且つ過激な闘いに身を投じる。1997年4月東京都墨田区にステーキ店「Mr.デンジャー」を開店。自ら厨房に立ち、仕込みから調理まで腕を振るう日々を過ごしている。

リンク


「MUSIC」Tシャツ販売中 (立花本店でも販売しております)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
管理