なんと大仁田さんとトークショー

昨年、茨城さんとの、トークショーで、

最後に和解は、出来たものの、後味の悪いトークショーになってしまい、

「最後のトークショー」

と言ってしまいましたが、

(リング復帰ではありませんから、最後と言ってしまっても、そこまで頑なになる事はないでしょう)

FMWから、大仁田さんとのトークショーの打診があり、受けました。

(試合の合間です)

大仁田さんも、近々引退との事。引退と言っても、説得力は薄いかも知れませんが、もう明らかに限界が近付いいる事は、私自身の身体と照らし合わせて理解出来ます。

他ならぬ、お世話になった高橋さんからのオファーですし、一度、大仁田さんとお会いしておきたいですね。指名があって光栄です。

1月5日(木)新木場1st RING(18:00)


最前列6000円は売り切れました。5000円と4000円はまだあります。
スポンサーサイト

足底筋膜炎続編

2015年6月16日
「重症な足底筋膜炎を克服した記録」
(7〜8割程度の改善)

について、書きました。

ブログの方から、かなりの反響を頂き、続編を書いて欲しいとの要望が、多々寄せられましたが、続編を書くのに、一年半の月日を要しました。

読者から、漢方薬の「カサイセンA」
(足底筋膜炎に効くと言われている)を試してみて欲しいとの要望がありました。試してみましたが、効果は感じませんでした。


今年9月に、衝撃波(ドルニエエイボスウルトラ)治療をようやく
「表参道フットクリニック」にて受ける事が出来ました。

(足底筋膜炎が、改善されると臨床で、認められ、保険適用されました、最先端治療機器で、日本に、
10台程、あると言われていますが、「公表すると殺到する」と言う理由で、インターネット上で公表している病院が、ほとんどありません。

表参道(南青山)に脚の専門病院が出来た為、ここなら衝撃波治療器があると、予測し、また完全予約制だった為、時間が読めます。

船橋整形外科にも、衝撃波治療器が、ありますが、予約制ではない為、凄まじい順番待ちで、治療を受けるのを断念しました)

衝撃波治療は、一度受けたら、1ヶ月間の、経過観察。
医師と患者が相談して、二度目以降を行うかどうかを決める
と言う感じです。
(効能がある理由につきましては、足底筋膜炎のWikipediaを参照下さい。私が初めて見た、二年前と比べて、かなり内容が変わっています)

私は、一度の衝撃波治療で、痛みが、半分以下になりました。
(私の場合、自力で、7〜8程度、治してから、衝撃波治療を受けましたから、一度で納得のいく効果が出ましたが、

自力で、15メートル程度しか、歩行出来なかった、最悪の時でしたら、月に一回ペースで、3ヶ月から半年は、必要だったと思います)

ちなみに、衝撃波治療に要する費用は、保険適用されているにも、かかわらず
一回、15000円。
診察料を含めて、20000位と、決して安くはありません。


その後、表参道フットクリニックにて、靴に入れるソール(中敷き)を作りました。

代金は、45000円。の支払い。保険適用なので、
役者で手続きすると、約3ヶ月後に、7割が戻って来ます。

ソールの効果も中々いいですが、足底筋膜炎の完治には至りません。

(医師の話では、衝撃波治療も痛みを軽減させる効果はあるものの、完治させる事はないとの事です)

今は、整形外科分野の治療は、終わったと思っていますから、完治を目指して、

グルテンフリー
(小麦抜きの食事です。関節炎やリウマチなどに、効果があるとの情報があります。詳しくは、検索してみて下さい

ちなみに、グルテンフリーで、鼻づまりや、睡眠が改善されました。また空腹感をあまり感じなくなりました)

や、新種のサプリを試しています。

現在、日常の歩行では、あまり痛みを感じませんが、仕事中は、痛みを感じます。
(足底筋膜炎の特徴ですが、痛い日と痛くない日があります)

これからも、完治を目指して頑張ります。完治させたら本を書きます。

ミスターデンジャー年末年始のお休み

ミスターデンジャー年末年始のお休みです。

1月26日(月)
12月31日(土)
1月5日(木)

がお休みとなります。
その他、年末、

正月は元旦より通常通りの営業になります。皆様のご来店をお待ちしています。
プロフィール

松永光弘

Author:松永光弘
Mitsuhiro Matsunaga

学生時代より相撲、空手の修行に励み、1989年10月FMWにてプロレスデビュー。以降W★ING、大日本プロレス等の団体を渡り歩き、ファイヤー・デスマッチ、五寸釘デスマッチ、サソリサボテン・デスマッチ、裸足蛍光灯デスマッチ等の危険且つ過激な闘いに身を投じる。1997年4月東京都墨田区にステーキ店「Mr.デンジャー」を開店。自ら厨房に立ち、仕込みから調理まで腕を振るう日々を過ごしている。

リンク


「MUSIC」Tシャツ販売中 (立花本店でも販売しております)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
管理