スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤミキさん永眠

聴覚障害者の団体、ヒーローのヤミキさんが、永眠しました。

ヤミキさんは、聴覚障害者ながら、新日本プロレスに、入門。


ミスターポーゴさん。
グラン浜田さんと同期です。


ポーゴさん曰く

「とんでもない運動神経だった」との事です。

(そうでなければ、当時の新日本プロレスが、入門を認めないでしょうね)


しかしながら「障害者では、プロレスは無理」

と言われて断念。




私が、聴覚障害者のプロレス団体を知り、参戦した時、ヤミキさんは、レフリーでした。



ポーゴさんや、浜田さんと一緒に、写っている、当時のパンフレットらしき物を見せてくれて、


「ポーゴさんに会いたい


と何度も言っていました。(手話通訳を通してです)



我々のお膳立てで、ポーゴさんと、感動の再会。


そして、驚いた事に、ヤミキさんは、60歳にて、プロレスラーデビューを目指します。


ポーゴさんとの、二度に渡る、シングルマッチ。


また、私との三連戦で、最後に、勝利した夜、


ミスターデンジャーに、一人で訪れ


「有り難う。有り難う」

と、言いながら、ずっと、カウンターに座っていた姿が、忘れられません。

(還暦にて、見せた、トペスイシーダは、ポーゴさんの言葉を裏付ける、見事さでした)



その後、本拠地のヒーローと、ポーゴさんの団体、WWSにも、定期参戦しました。



ポーゴさんから

「浜田と三人で、死ぬまで、プロレスをやろうよ」

と言われ、


プロレスラーに、なる事を、一度は、諦めた自分が、

トップレスラーである、二人の仲間に、入れてもらえた事が、とても嬉しかった事は、想像に難しくありません。


年齢が年齢だけに、家族からは、引退を勧められていたようですが、


「生涯現役を約束したから、辞めない」


と言って、プロレスを続けたそうです。



今年に二月に、試合中の怪我で、病院に搬送された際、内臓疾患などの、病気が、多数見付かり、


また、家族に内緒で、治療していた、病気などもあり、数日前、容態が急変して、帰らぬ人となりました。



私見ですが、非常に、幸せな人生だったのでは、ないでしょうか。



私は「人生、最後まで、諦めない」


と言う事を、教わりました。



合掌



見事な、生涯現役でした。
スポンサーサイト
プロフィール

松永光弘

Author:松永光弘
Mitsuhiro Matsunaga

学生時代より相撲、空手の修行に励み、1989年10月FMWにてプロレスデビュー。以降W★ING、大日本プロレス等の団体を渡り歩き、ファイヤー・デスマッチ、五寸釘デスマッチ、サソリサボテン・デスマッチ、裸足蛍光灯デスマッチ等の危険且つ過激な闘いに身を投じる。1997年4月東京都墨田区にステーキ店「Mr.デンジャー」を開店。自ら厨房に立ち、仕込みから調理まで腕を振るう日々を過ごしている。

リンク


「MUSIC」Tシャツ販売中 (立花本店でも販売しております)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
管理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。