バラライカ(ロシアギター)

バラライカ


このロシアのギター、


「バラライカ」

(写真)

の存在を知り、音や形が気に入りました。


検索を開始すると、日本では、ほとんど普及していない事がわかりました、




楽器店はおろか、ギター数百本が展示されている、ギター専門店にも、売られていない事がわかり、

(扱っていたのは、民族楽器店で、日本でも、数店のみです)



他人と同じ事をしたくない、性分の私は、深い興味を持ちました。






しかし、ほとなく、日本で普及しなかった理由??がわかった気がしました。





この、バラライカは、完全な演奏用の楽器で、


弾き語り(弾きながら歌を歌う)をする人は、ほとんど皆無に近く、


コードもありませんでした。



楽譜に合わせて、目まぐるしく手を動かす、


「リードギター」


と言われる奏法に近く、弾き語りは、難しいのです。






私は、バラライカを、ウクレレの、チューニングに変え、

(バラライカは、弦が3本です。ギターは6本、ウクレレは4本なので、ギターコードよりも、ウクレレのコードの方が、応用しやすいと思いました)



ウクレレの、コードで弾いてみましたが、


「耳障りな、ウクレレ」

と言う感じで、いい音がしません







そこで、バラライカの個人レッスンを申し込み、

(そこで、コントラバスバラライカを弾いて欲しいと言われ、一連の話になりました)





先生によりますと、

「バラライカ

(写真の小さい、バラライカ)

が、弾けるようになるには、真面目に練習して1年位です。」


との事でしたが、







私は、先生の、弾き方を見た事によって、






、自分が、ウクレレに当てはめて弾いてみた時に、足りなかった所がわかり、



帰宅後に、試すと、あっさり、弾き語りが出来るようになりました。





次回の、ライヴで、御披露目出来ると思います。







私は、弾き語りが出来るようになる事が、目標なので、本来の、バラライカの弾き方には、もう興味がありません。












最近では、ヤフーオークションを重宝しており、


かなり、高価で、レアな、弦楽器を、数千円程度で、落札しています。


今日も、落札した、ある国のギターが届きました。





見た目のインパクトも充分で、気に入りましたが、


果たして、どのように弾くかが、難題でした。


何せ、弦が、12本もあります。

(この、ギターを扱っていた会社が、日本に一社だけありましたが、今は、このギターの販売をやめています)






ギターの得意な、知人に来てもらい、1時間程話し合うと、



何とか、打開策が見えて来ました





近いうちに、お見せしたいと思います。
スポンサーサイト

回復を祈ります

アブドーラ小林選手が、


C型肝炎の簡易検査で、陽性、



そして、ウイルス検査の結果、陰性でしたが、



更なる、精密検査の結果、残念ながら、


「C型肝炎ウイルスの残留が認められる」


との事で、治療に入りました。





実は、この時書いた、後輩レスラーとは、アブドーラ小林選手でした。


http://danger1383.blog50.fc2.com/blog-entry-1537.html



彼は、体重も重いですし、他のデスマッチファイターとは、比較にならない位の負担があるはずです。



ウイルスも、微量だと思われますし、いい機会ですから、体を休めながら、




鉄人の免疫力で、ウイルスを撃破してくれると信じています。

自作楽器!!ブラックバラライカ

130702-01.jpg 130702-02.jpg


遂に、楽器を作ってしまいました。



コントラバスバラライカより、大きい


「ブラックバラライカ」



コントラバスバラライカの弦は、入手出来ませんし、



ウッドベースの弦を張っても面白味はありません。





明日、ある特殊な弦を張ってみます
プロフィール

松永光弘

Author:松永光弘
Mitsuhiro Matsunaga

学生時代より相撲、空手の修行に励み、1989年10月FMWにてプロレスデビュー。以降W★ING、大日本プロレス等の団体を渡り歩き、ファイヤー・デスマッチ、五寸釘デスマッチ、サソリサボテン・デスマッチ、裸足蛍光灯デスマッチ等の危険且つ過激な闘いに身を投じる。1997年4月東京都墨田区にステーキ店「Mr.デンジャー」を開店。自ら厨房に立ち、仕込みから調理まで腕を振るう日々を過ごしている。

リンク


「MUSIC」Tシャツ販売中 (立花本店でも販売しております)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
管理