暴力団との裁判についたて無しか…


ニュースより

「暴力団との裁判についたて無し。住民側は、ビクビクしながら証言している」

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120601-OYT1T00963.htm



以前、裁判に、証人として出廷した日記を書きましたが、



容疑者との距離は、このイラストにある距離です




これでは、誰もまともに証言出来ないでしょうね。




報復があったら、誰が責任を取るのでしょうか
スポンサーサイト

変化した背中

moblog_5ccfdab0.jpg

moblog_98e38843.jpg

ビーフ佐々木



写真1は、3月の背中の写真です。


背中の中程の広がりが、全く無く、


長年、努力するも克服出来なかった弱点でした






写真2、ビーフ佐々木氏の、指導を受けて、トレーニングに励み、昨日撮影した背中です。



かなり、背中が広がった上に、筋肉の密度も増えていて、46歳にしてまだ進化しています







写真3は、ビーフ佐々木氏の驚愕の体です。


正真正銘の、ナチュラル

(ステロイド不使用)


です。






私も、この体を目指していますが、まだまだ壁は厚そうです。

今朝ジムへ

カロリープラス

数ヵ月間、手脚のサイズが停滞していました。


そこに、

「脂肪(の摂取)は、筋肉の発達に必要な栄養素である」


と聞き、控えていた、脂肪分も適度に摂り始めました。






体重は、94キロを超えないように気を付けていましたが、考えてみれば、体重が増えなければ、筋肉も増えません。


(体脂肪を減らしながら、筋肉を増やして、体重は同じ


これは理想的ですが、ほとんど不可能に近いようです。

筋肉を増やすには、消費カロリーより、摂取カロリーが上まわらなければならないですし、

脂肪を減らすには、摂取カロリーより、消費カロリーが上回らなければなりません。

同時進行が、可能と謳っているサプリがありますが、疑問です)









昨日、ジムで、詳しい人に、


「腕のサイズが停滞している」

と話すと、





「あのマシンを使ってみて下さい」


と、地味な存在感のマシンを勧められました。







そして本日、仕込みが終わってから、


ゴールドジム北千住に行きました。

(普段の木曜日は、深夜に、ゴールドジム行徳に行っています)





上腕二頭筋のトレーニングを終え、腕のサイズを測ると、


46センチでした。

(上腕二頭筋は、あまりサイズには反映されないと言われています)





トレーニングを再開してから、ずっと壁だった、45センチを遂に超えました。





ここの所、2週間で、腕周り、1.5センチ、脚周り、2センチ、サイズアップしています。





長年の目標であります、


腕周り、50センチも遠くないかも知れません。








写真は、カロリープラスという商品です。



カロリーメイトに似ていますが、脂肪分が半分以下、


価格も、半額で、お薦めです。



薬局に売っています。



最近、これをよく食べています。
プロフィール

松永光弘

Author:松永光弘
Mitsuhiro Matsunaga

学生時代より相撲、空手の修行に励み、1989年10月FMWにてプロレスデビュー。以降W★ING、大日本プロレス等の団体を渡り歩き、ファイヤー・デスマッチ、五寸釘デスマッチ、サソリサボテン・デスマッチ、裸足蛍光灯デスマッチ等の危険且つ過激な闘いに身を投じる。1997年4月東京都墨田区にステーキ店「Mr.デンジャー」を開店。自ら厨房に立ち、仕込みから調理まで腕を振るう日々を過ごしている。

リンク


「MUSIC」Tシャツ販売中 (立花本店でも販売しております)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
管理