ミスターデンジャーの社員教育

雇われる方も大変ですが、雇う方も大変です。


1998年、売り上げが上がり、忙しくなりました。


休み返上で仕込みを行い、

プロレスの方は、大日本プロレスと、バトラーツの掛け持ち。


さすがに、「新しい社員を探さなければ」


と思っていた時に、来年3月に高校を卒業予定の人から、連絡が入り、面接に来ました。


そして熱意に押されて、採用する事にしました。





それから一月後位に、そのA君は、一度お客として店を訪れています。


注文したのはお子様ハンバーグでした。
(当時メニューにありました)


「これ小学生以下なんだけどexclamation ×2

と注意しましたが、意味がわかってもらえず、


仕方がないので、小山のように、ご飯を盛って、旗を立てて、

お子様ハンバーグを作りました。


「もしかしたらとんでもない人間を採用してしまったかも知れないげっそり。」


と嫌な予感がしました。

それはこの人です。

http://danger1383.blog50.fc2.com/blog-entry-483.html

私は、

「お前のしでかして来た事を、今度本に書くよ。

そうしたら、お客さんにサインを求められるぞexclamation ×2


と言っておきました。



数日後、A君の部屋に行ったら、枕元に、サインの練習をした跡がありました。
スポンサーサイト

大日本プロレス55 敗者ワニ葬デスマッチ(1998年)



9月23日、後楽園ホール


集客の為に、なりふり構わず行ったデスマッチでした。


ワニと闘うとなると、当然
動物愛護協会からクレームが入ります。


「敗者ワニ葬デスマッチ」

という、訳の解らない名称にして、何とかクレームを避けました。


おそらく、考案したのは、
登坂部長でしょう。




私は、千葉県のワニがたくさんいる

熱帯魚屋を知っていましたから、そこの社長さんに掛け合いました。


しかし、

「自分の所で飼っている動物をリングに上げられるかむかっ(怒り)


と言われてしまいました。


でも「貸す事は出来ないけど、買って行くなら目をつぶる」


との事…

金額は8万円でした。



ワニが群れている時は、そこそこ大きく見えましたし、一番大きいワニを選んで来ましたが、


やはり小さいし、リングに上げはしましたが、


ワニに戦意はありません。


失敗したデスマッチでした。



しかも動物虐待。反省しています。


このワニは、その後、私の友人の家で大切に飼われました。




追加ですが、この日のデスマッチアイテムには、


錆びた五寸釘ボードがありました。


この五寸釘ボード上に、アバランシュホールドのように、叩きつけられて、


WX選手に破れて、ワニと闘う事になりましたが、


この時、五寸釘ボードが背中に刺さりました。


はっきり刺さった感触があったのは、初めてでした。



セコンドは、安心していたのか、誰も起こしてくれずに、


小鹿社長が、手を引っ張ってくれるまで、しばらく刺さったままでした。

大日本プロレス56中牧さんポーゴさん離脱と若手の台頭 (1998年)

中牧さん、ポーゴさんが、


大日本プロレス離脱の記者会見を予定している日に、


大日本プロレスは、東北で興行が入っていましたが、

それを中止にして、二人の記者会見場に殴り込みました。



私見ですが、離脱の理由は、

中牧さんに関しては、若手の台頭により、居場所がなくなって来たからだと思います。


当時、中牧さんから電話が入り、

「俺達の方が知名度あるもんな~むかっ(怒り)むかっ(怒り)


と言っていました。




ポーゴさんに関しては、

ポーゴ倶楽部(サウナ)の経営で、有り金全て無くしてしまって、


大仁田さんの所で、

「夢よもう一度目がハート

だったのでは?

と思います。

当時、

「俺は、サウナで2000万損したから、俺はサウナが嫌いになったんだむかっ(怒り)むかっ(怒り)

(サウナが悪い訳ではないと思いますが…)

と言っていました。



しかし、新生FMWは甘くなく

横浜文体に参戦したものの、

私は当時、非道選手から、

「ポーゴさん、もう全然動けないんですねあせあせ(飛び散る汗)


と言われました。


私や小鹿社長は、試合のテンポが、遅いですから、なんとかボロは出ませんが、


新生FMWは、試合のテンポが早いですから、ギャラが安くても、


大日本プロレスにいた方が無難だったと思います。


そして、結局一試合でクビになり、


「大仁田厚と中牧に騙されたむかっ(怒り)

と言うようになりましたが、

単に、試合について行けなかったのでは?


と思います。



中牧さんは、大仁田さんの個人事務所に、就職。


のちに国会議員秘書になり、

資格も取得し、


今も、別の人の国会議員秘書をやっています。



ポーゴさんは、

「俺だけかまされたむかっ(怒り)」と言うようになりましたが、


ポーゴさんが

「国会議員秘書」

は無理があるのでは…?
プロフィール

松永光弘

Author:松永光弘
Mitsuhiro Matsunaga

学生時代より相撲、空手の修行に励み、1989年10月FMWにてプロレスデビュー。以降W★ING、大日本プロレス等の団体を渡り歩き、ファイヤー・デスマッチ、五寸釘デスマッチ、サソリサボテン・デスマッチ、裸足蛍光灯デスマッチ等の危険且つ過激な闘いに身を投じる。1997年4月東京都墨田区にステーキ店「Mr.デンジャー」を開店。自ら厨房に立ち、仕込みから調理まで腕を振るう日々を過ごしている。

リンク


「MUSIC」Tシャツ販売中 (立花本店でも販売しております)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
管理