本日の日記を削除

ある、信頼出来る人から電話頂きました。


「文章によるいじめは、いじめ以上のいじめになる」
更なるブーイングを誘発するだけ

とお叱りを受けました。


納得して返す言葉がありませんでした。


またしても暴走してしまいました。


削除すればいい訳ではないですけど…


両方の言い分も聞かずに書きました事をお詫びいたしますm(__)m
スポンサーサイト

ミルマスカラス、エルカネック

マスカラスに関しては、

11月の日記に書いています。

リスペクトの意思表示さえ、きちんとすれば、
噂に聞く程、嫌な人ではありませんでした。

我々レスラーにも素顔は見せませんし、写真撮影の時、しっかりトレーニングして、パンパンに張った体でないと

撮影させないプロ意識はさすがでした。


しかしやはりスーパースター。

移動は、バスには乗らず、新幹線とタクシーです。

茨城さんが常に一緒でした。



対する、ライバルのカネックは、バス移動です。

他のレスラーとも楽しくやっていましたし、話しやすい人でした。

アンドレザジャイアントをボディスラムで投げた人に名を残した、カネックの怪力は本物で

のちにメキシコで対戦した時、反動を付ける事もなく一気にリフトアップされました。


メキシコでは、ライバルといわれた二人でしたが

スター性は、やはりマスカラスの方が一枚上なのか。

月光闇討ちデスマッチ

(会場内の電気を消して暗闇で行う試合)詳しくは、11月の日記に書かれていますが


また別の話です。


最初、ミラーボールが、後楽園ホールにあるという情報を、大宝君が入手しました。

「それを使うと、暗闇の中で、松永さんの動きが、コマ送りのように、断続的に
観客に見えますよ」

と言っていました。


当日、ミラーボールをリングの上方に設置して、実験してみました。


そうしたら、様々な色の、光線がくるくると回りながら場内を照らしました。


ビクターが「ディスコマッチ?」

と言って腰を振って踊り始めました。


私が、大宝君に

「全然話違うじゃない?」
と言ったら、

「こんなつもりじゃなかったんですよ」と言いました。

一部始終を見た、マスコミの人達も笑っていました。
プロフィール

松永光弘

Author:松永光弘
Mitsuhiro Matsunaga

学生時代より相撲、空手の修行に励み、1989年10月FMWにてプロレスデビュー。以降W★ING、大日本プロレス等の団体を渡り歩き、ファイヤー・デスマッチ、五寸釘デスマッチ、サソリサボテン・デスマッチ、裸足蛍光灯デスマッチ等の危険且つ過激な闘いに身を投じる。1997年4月東京都墨田区にステーキ店「Mr.デンジャー」を開店。自ら厨房に立ち、仕込みから調理まで腕を振るう日々を過ごしている。

リンク


「MUSIC」Tシャツ販売中 (立花本店でも販売しております)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
管理