ウイング

ウイングは、ポーゴさんがベビーになった事で二大エース時代に突入しました。

競争は激化しました。

お互いに意識しあって試合内容の勝負になりました。

私はキャリアもないし、正直押され気味になっていたと思います。

特に地方では、差がつきました。

ポーゴさんはキャリア20年。
私がゼロワンで試合をしていた頃と同じ位のキャリアです。

対するこっちは、新人に毛が生えた程度のキャリアです。

バルコニーダイブで一躍名前が売れましたが、正直、いい試合と悪い試合の波があり過ぎました。

ポーゴさんはマイクアピールもうまかったので、うまく観客を惹き付けていました。


何しろレザーフェイスを発掘してライバルにシフトチェンジしました。



ウイングに入って、五寸釘デスマッチを希望していましたが、最初は相手にしてもらえませんでした。

しかし観客動員は確実に落ちていました。

年末でビッグマッチを開催する事になり、大宝君が動きました。

「茨城さん。松永さんに五寸釘デスマッチを本当に出来るのか至急、確認を取って下さい」

電話が来ました。「出来るよ」

ポーゴさんに勝つには、体を張る事しかない。

これだけは負けない…
スポンサーサイト

日記削除

過激過ぎた日記は削除いたしました。お詫び申し上げます。

ポーゴさんの「ある悪役レスラーの懺悔」を皆さん宜しくお願いします。

風呂なしアパート秘話

五寸釘デスマッチの少し前に、誠心会館を離れて東京に出てきました。

愛知県で結婚を考えて付き合っていた女性と別れた事も原因の一つでした。


給料18万で、しかも危険な事ばかりしていては…

将来を考えるようにもなってきます。

ウイングの給料は手取りの金額です。

税金は引かれていましたが、申告されていませんから、税務署から税金の催促のハガキが来ますが、全てゴミ箱に捨てていました。


健康保険は母親の扶養でした。

当然アパートを借りようと思っても審査で落とされます。
納税していませんから当然ですよね。


それで、不動産屋の直接の知り合いのアパートを紹介してもらいました。


それが、有名な風呂なしアパートです。

ウイングを辞めてから、かなり後ですが、紙のプロレスの茨城さんのインタビューで「俺は別に風呂なしに住めとは言ってないよ」 との記事を見た事がありますが、そこしか借りられなかったのです。


しかし嫌な内紛もありましたが、でも何か満ち足りていて幸せだったような気がします。

そしてレザーフェイスを
強力に売り出します。


先に入場して、リング内からレザーフェイスの入場を見るのが凄く楽しみでした。

ほとんどファンでしたね。
懐かしい…
プロフィール

松永光弘

Author:松永光弘
Mitsuhiro Matsunaga

学生時代より相撲、空手の修行に励み、1989年10月FMWにてプロレスデビュー。以降W★ING、大日本プロレス等の団体を渡り歩き、ファイヤー・デスマッチ、五寸釘デスマッチ、サソリサボテン・デスマッチ、裸足蛍光灯デスマッチ等の危険且つ過激な闘いに身を投じる。1997年4月東京都墨田区にステーキ店「Mr.デンジャー」を開店。自ら厨房に立ち、仕込みから調理まで腕を振るう日々を過ごしている。

リンク


「MUSIC」Tシャツ販売中 (立花本店でも販売しております)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
管理