モンスター?

昔のレスラーは、モンスターだった


http://danger1383.blog50.fc2.com/blog-entry-1573.html



メジャー団体が、ホスト化した昨今




デスマッチ団体が、昔ながらの、




レスラー色を引き継いでいるのかも知れません




「人間の顔じゃない




アブドーラ小林 葛西純 イラスト





イラストは、おなじみの


「小沢聖」


さんです。
スポンサーサイト

ウエイトトレーニング

ウエイトトレーニングと言うと、思い出されるのは、


高校1年の時に買った、


「ウエイトトレーニング」


という本です。



ボディービルで、日本一になった人や、世界一になった人の写真も載っていて、



その手の本の、先駆けのような本でした。




当時、食い入るように見ていて、その本に書いてある事が、トレーニングのマニュアルになりました。





当時は、同じ部位を、週に二回~三回鍛えるのが、常識になっていて、




「週に一回で充分」



と知ったのは、1992年の年末に、上京してからでした。

(ウイング時代)





週に、二回トレーニングをしていた頃は、肩や肘などを、頻繁に痛めていました。






たしかに、週に一回で、充分なのですが…





ウェイトトレーニング













週に、ゼロ回では



┐('~`;)┌





そんな選手、たくさんいたような…



左の選手は、今は頑張っています。







イラストレーターは、小沢聖さんです。

写真は、後から見て下さい。元週プロ、小島記者の本音?


元週プロ記者、小島和宏氏の著書


「僕の週プロ青春記」


の中に、大仁田さんが、週プロをめくりながら、


「ウイングウイングウイングウイング

(ウイングのページが、多い事への怒り)


と言いながら、週プロを叩き付ける、行動をしたと書かれていました。






しかし、私から言わせれば、FMWと癒着していたのは、ゴング誌です。


金村選手のFMW移籍も、ゴングにのみ、リークしています。



FMWが、ゴング誌寄りなのは、FMW創成期からでした。



私は、FMW創成期に、FMWへの挑戦状を、ゴング誌のみに送りました。



小島記者は、本当は、イラストのようにしたかったのではないでしょうか





力を持った、団体やレスラーが、雑誌に、取材拒否などをちらつかせながら、圧力を掛けたのが、


プロレスをつまらなくした、1つの原因でしょうね。




イラストレーターは、


小沢聖さん。




小沢さんのアッパレ企画です。

http://apparez.cart.fc2.com/?ca=6

FMWの呪いの原因!?


これが、原因では



http://danger1383.blog50.fc2.com/blog-entry-717.html


写真は、小沢さんが、三年程前に書いた、未公開イラストです。

夢の組み合わせ

私と、斎藤彰俊選手は、一度もタッグを組んでいないと思われていますが、

旧ウイング時代に、一度だけ組んでいます。

moblog_bbcf105c.jpg


金村選手を入れた6人タッグです。

斎藤彰俊のタッチを拒否する私…

こんなヒール、嫌いじゃありません。








こんな組み合わせもいいですね。

組んでよし闘ってよし

moblog_875ec3e2.jpg
プロフィール

松永光弘

Author:松永光弘
Mitsuhiro Matsunaga

学生時代より相撲、空手の修行に励み、1989年10月FMWにてプロレスデビュー。以降W★ING、大日本プロレス等の団体を渡り歩き、ファイヤー・デスマッチ、五寸釘デスマッチ、サソリサボテン・デスマッチ、裸足蛍光灯デスマッチ等の危険且つ過激な闘いに身を投じる。1997年4月東京都墨田区にステーキ店「Mr.デンジャー」を開店。自ら厨房に立ち、仕込みから調理まで腕を振るう日々を過ごしている。

リンク


「MUSIC」Tシャツ販売中 (立花本店でも販売しております)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
管理