空手道場経営2(1988年)

空手道場で、経営を軌道に乗せたいなら、

間違いなく、鍵は一般部よりも少年部。


すなわち「子供」です。


以前こんな日記を書いています。

http://danger1383.blog50.fc2.com/blog-entry-343.html



楽しい道場でしたから、中学校で部活が始まっても辞めて行かずに、みんな続けていましたが、


人数的には、10人~15人程度と、多くはありませんでした。

(現在、空手道場を営む、友達に、この道場の話をしましたら、「今の時代なら受けるかも知れない」と言われましたが、根拠はよくわかりません)


子供が喜んで、参加するという点では、親受けが良かったかも知れませんが、

何より先生らしい振る舞いに欠けていたと思います。



残念ながら、特に、フルコンタクト空手の先生の私生活や考え方は、まるでチンピラみたいな人が多く、


まさに、空手は喧嘩の道具です。



普通に考えて、親が子供を預けたいとは思わないと思います。



成功の秘訣は、言うまでもなく、人格者になり、地域にも積極的に貢献する事だと思います。


空手に限らず、私生活においても、先生となり、他の模範となる事です。



生徒に、礼儀作法を教えるのは、必須で、親から感謝される事が大切だと思います。

(うちの店にも、空手の先生が以前来ていましたが、酒癖が悪く、喧嘩の話ばかりしていて

「礼儀作法なんて親の教えるもんだ」などと言っていました。

しかし本人に全く作法が無いのに、教えようがありませんが…)
スポンサーサイト

空手道場経営(1988年)

トレーニングジムの、半分は、空手道場のスペースにしていました。




私は、入門して来てある程度強くなってきた生徒には、


「そろそろ大会に(新人戦)に出てみない?」

と声を掛けていました。




喜んで出場する生徒がいる反面、無言(-_-;)になる生徒もいます。


そして、いつの間にか来なくなります。



結局、

「強くなりたい

と思って入って来ても、

「大会に出たい」

とまでは思っていないという事ですね。



大会と聞けば、怖いですし、みんなが出ているのに、自分だけ出ないと、道場に来づらくなります。


また、怪我をすれば、仕事にも影響が出ますし、


アマチュアスポーツですから、参加費という出費もあります。




大会参加を勧めてしまったのは、私にとって痛恨の失敗で、最終的に、一般部は、自分と同じ空手バカが数人残っただけでした。


やはり愛好者が来やすい道場を作る事が、成功の秘訣だと思います。


また、

「強くなる事が全て」

という雰囲気を作ると、強くならない人

(素質に恵まれない人)

が来なくなってしまいます。



その辺りの折り合いをどうつけるかが、失敗と成功の、明暗を分けるでしょうね。

極真vs正道、総括

正道会館が、極真ウエイト制全日本に

初参戦で、角田さんが四位。



しかし、それから更に二年間参戦したものの、正道会館は、一部の選手が善戦するものの、

正道の技術で倒すには至りませんでした。





石井館長が正道の選手に

「太ももを蹴るから効かんのや」

と言って、膝の少し上辺りを上からかぶせるように、ローキックを蹴るように指示してしましたが、




私は

「極真の選手は、よく動くし、小さいポイントを続けて蹴るのは難しい」

と思い、正道のテクニックの行き詰まりを感じました。





私は空手時代に、極真空手の世界大会をテレビで見ていて、

「極真の方が強い」

というのは、薄々分かっていましたが、


他流派で生きて来た人間として、また正道会館に負け続けた者として、

「極真を認めたく無い」

との、悪い頑固さと、小さい心で目をそらして来ました。


実際、当時は、正道会館が負けた言い訳ばかり探していたように思います。






しかし当時、早々に、極真空手を認めて、


極真の技術を研究して取り入れていれば、私の空手人生は大きく変わったでしょう。




つまらない意地が災いして、二流で終わってしまった空手人生を今後の人生への糧にしたいものです。







正道会館の倒す技術は、画期的でしたし、


極真の選手に、KO負けしない事実を見ても、正道会館の強さも決して、偽物ではありません。




角田さんが四位に入ってから、極真の選手も

正道会館、石井館長の著書

「勝つ為の空手」

を読むようになったと聞いた事があります。





正道会館の功績は、大きかったものの、

正道会館は、他流派が弱かった為に、進化が途中で止まり、

「無尽蔵の体力とスタミナ」

を付ける作業を怠ったのかも知れません。


また、正道会館同士の対戦では、

お互いが、隙を狙う試合になり、それでスタミナも温存出来ますから、進化しなかったように思えます。



そして結果的に、極端に手数の少ない試合になりましたが、


やはり、あそこまで組み手が小さくなってしまうと、
圧倒的な体力を誇る、極真勢には通じなくなると言わざる負えません。





佐竹選手が出ていたとしても、あのパンチ中心の攻撃や、切れの無い動きでは、


極真トップ勢に勝つ可能性は、薄いと思えます。


角田さんが四位になり、極真の歴史を変えたものの、


ウエイト制には、本当の極真のトップ選手が出ていないですし、極真強しに変わりはないでしょう。







私見ですが、極真の数見選手と、正道の佐竹選手を比較したら、段違いで、数見選手の方が上に見えました。








他流派の選手で、私から見て

「逆立ちしても勝てない

と思えた選手は、白蓮会館の

「南豪宏」です。


スタミナ、打たれ強さ、手数が揃っていましたから、どうにもならないと思いました。

のちに、極真ウエイト制準優勝

極真全日本大会、6位もうなずけます。







極真以外の、「他流派」とは、実に小さな集まりであり、


私の見た限り、極真の試合に出て恥ずかしくない試合が出来る選手は、

正道会館に、10人位。

その他で、5~6人程度。


勿論、私は入っていません。




他流派で強かった選手は、極真のような荒稽古を積んだ人達では無く、


突然変異のような天才タイプだったように思います。

正道会館、角田さん4位に、歴史的な試合

他流派から、初のベスト4に、


極真の選手が、正道の試合に合わせてしまっているようにも見え、それが敗因にも見えます。




以前の日記で、

「スピードは、後天的な努力では、克服が難しい」

と書きましたが、正道会館重量級で、ず抜けたスピードを持っているのは、角田さんだけです。

(正道会館の重量級選手は、意外にも、スピードに恵まれていません。強さは、正道の技術と練習の賜物なのかも知れません)


角田さんは、他流派に強い事で有名ですが、正道会館の選手には、あっさり負けてしまう事が、よくありました。



しかし、極真の歴史を変えました。


YouTube、角田さんvs井口選手です。

携帯URL
http://m.youtube.com/watch?gl=HK&hl=ja&client=mv-google&v=pA0sqwvuBMs




角田さんが、やってくれて、我々のフラストレーションが一気に晴れました。

極真vs正道3、無駄では無かった極真空手の胸へのパンチ

正道会館が参戦した、極真ウエイト制全日本大会。


私から見た、正道会館が引き分けの試合を、判定負けにされた試合。


田前選手、後川選手、玉城さん



私は、正道会館の応援をしながら、極真の汚ない判定に野次を飛ばしていました。



期待した、田上選手は、やや押されぎみ。


梶山選手が、判定勝ちして、極真ファンから

「やっと一人

と失笑が漏れました。








ただ現実として、

「倒す空手」

の正道会館が、極真の選手を、KOした試合が無い現実に、戸惑いました。



引き分けを→負け

にされた試合は、あっても、完全に勝っていた試合もありません。







重量級に入り、ようやく、

柳沢選手と角田さんが、快勝しました。


三回戦で、梶山選手が消えました。


柳沢選手は、少し押し気味でしたが、判定は引き分け?
体重判定で勝利。


角田さん、快勝。





柳沢選手、準々決勝で判定負け。


☆この試合と、翌年の柳沢選手の試合を見て分かった事です。


「一見無駄に見えた、極真の胸へのパンチは、相手を後ろへ下がらせる効果がありました。

パンチと膝で、みぞおちを中心に狙う、柳沢選手でしたが、極真の選手は倒れません。

みぞおちへのパンチは、効かなければ、圧力にならず、柳沢選手は徐々に押されて行きます」


また、手数の多い極真の攻撃。無尽蔵なスタミナ。



対する正道会館の、急所をピンポイントで狙う攻撃は、手数を多く出すようには作られていない為、

手数とスタミナの前に押されて行きます。







☆これは、私が、1986年に、正道会館ビデオを、初めて見た時に疑問に感じた、現実がそのままになりました。



私が、六志館の大会で、青柳館長の圧倒する空手を見た後だっただけに、


その違いから生まれた疑問でした。





正道会館の選手が、対戦相手の攻撃をくぐりながら、

巧みに、急所に、キックやパンチを入れてKOを奪って行きますが、

この攻撃で倒れないような強い選手がいた場合、正道会館の選手は、どうやって勝つのか???




弱い選手ばかりでしたから、KOを奪えますが、この正道会館の攻撃に耐えられる選手がいた場合、ひたすら膠着して、引き分けになるはず…。

正道の攻撃は、効かなければ話にならず、判定勝ちを奪う要因がありません。





対称的に、青柳館長の
手数とパワーで、ガンガン突進して行く空手は、倒せなくても、判定勝ちの出来る空手です。

相手が後退して行きますから、判定勝ちの旗が上がりやすいのです。



青柳館長の空手は、KO率が低いものの、パンチは、胸を狙ったパンチが多く、

みぞおちを狙った場合も、拳は上向きの場合が多いです。

(脇腹を狙う場合は、下向きか縦拳です)






「正道会館が独自に進化させた倒す空手は、極真には勝ちにくい




しかし、その時、角田さんが…



次のYouTubeをご覧下さい。
プロフィール

松永光弘

Author:松永光弘
Mitsuhiro Matsunaga

学生時代より相撲、空手の修行に励み、1989年10月FMWにてプロレスデビュー。以降W★ING、大日本プロレス等の団体を渡り歩き、ファイヤー・デスマッチ、五寸釘デスマッチ、サソリサボテン・デスマッチ、裸足蛍光灯デスマッチ等の危険且つ過激な闘いに身を投じる。1997年4月東京都墨田区にステーキ店「Mr.デンジャー」を開店。自ら厨房に立ち、仕込みから調理まで腕を振るう日々を過ごしている。

リンク


「MUSIC」Tシャツ販売中 (立花本店でも販売しております)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
管理